2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第44回読書会報告

第44回読書会報告を致します。

題材は、宮沢賢治の最初の童話集
『注文の多い料理店』に収録されている「どんぐりと山猫」です。

吉田先生が担当してくださいました。

テーマは、「一郎のヒミツ」です。

作品の中で、一郎にまつわるさまざまな謎が紹介されました。

たとえば、一郎の名字は「かねた」であるが、どうしてひらがななのか。
一郎はなぜ、はがきのことを他の人に知らせなかったのか。
物語の前半と後半で一郎の雰囲気が違うのはなぜか。
山猫に示唆を与えた「判決」とは何なのか。
山猫からの手紙が「二度」と来なかったのはなぜか。
一郎はどのように山猫ワールドへ赴いたのか。などです。

それらについて、参加者からも様々な意見が行き交い、
色んな「どんぐりと山猫」を楽しむことができました。

参加した方々、ありがとうございました。

写真



第45回、第46回読書会告知

【日程】&【担当】 
第45回 10月18日(金)16:20~ 鈴木健司先生 「狼森と笊森、盗森」
                         こんな文学もあるのか・・・。

第46回 10月25日(金)16:20~ 大島丈志先生 「注文の多い料理店」
                         紳士たちの鉄砲は返されたのか?

【場所】
416教室

【題材】
『注文の多い料理店』(イーハトヴ童話)

今学期は、宮沢賢治の最初の童話集『注文の多い料理店』を
9回に渡って、読みたいと思います。

テキストは、ネット上の「青空文庫」でもプリントアウトできますので、
各自ご用意ください。

それでは、多くの方の参加をお待ちしております。
スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://bunkyokenji.blog.fc2.com/tb.php/76-6259247a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

第45回読書会報告 «  | BLOG TOP |  » 第44回読書会の日程変更

プロフィール

事務局

Author:事務局
  ●○文教賢治研究会とは○●
 「文教賢治研究会」は、文教大学越谷校舎に発足しました宮沢賢治の研究会です。会員は教育学部・人間科学学部・文学部の教員,非常勤教員をはじめ、大学院生、学部生、研究生、卒業生の総勢39名。(2011.8.25現在)
 教員、学生の枠を超えて日々ゆるやかに活動しております。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

カテゴリ

資源としての「宮沢賢治」 (2)
研究会 (20)
読書会 (63)
宮沢賢治関連情報 (1)
告知 (15)
今月のtop画像 (7)

検索フォーム

ようこそおいでくださいました

貴方は

人目のお客人です。

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。