2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第12回読書会報告

早いもので越谷の桜ももう散ってしまいました。
第12回読書会の報告をします。

新学期初めてとなる読書会の題材は、心象スケッチ『春と修羅』所収、詩篇「春と修羅」でした。
担当は吉田文憲先生です。

解釈を定められない言葉も多く、語句の意味について話し合ったりもしました。
(「いかり」、「正午の管楽」、「喪神の森」、( )表記など)
けれども言葉にして話してみると、イメージもまたそれぞれであることに気づかされ、
新しい視点や解釈も見いだせたように思います。
一人で読んだ時とはまた違った面白さがあり、とても新鮮でした。

「詩の呼吸」や「生きることの豊かさ」がさまざまな角度から感じられる詩であることを、
参加した皆さんの考えを聞くことによって実感できました。

53_20120416195350.jpg



次回、第13回読書会のお知らせです。

●日時 4月20日(金)16:20~
●場所 文教大学越谷校舎 414教室
●題材 「真空溶媒」(詩集『春と修羅』所収)

担当は鈴木健司先生です。
お時間あります方はぜひご参加ください。
お待ちしております。


(島村)

スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://bunkyokenji.blog.fc2.com/tb.php/31-865361a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

第13・14回読書会報告 «  | BLOG TOP |  » 4月表紙

プロフィール

事務局

Author:事務局
  ●○文教賢治研究会とは○●
 「文教賢治研究会」は、文教大学越谷校舎に発足しました宮沢賢治の研究会です。会員は教育学部・人間科学学部・文学部の教員,非常勤教員をはじめ、大学院生、学部生、研究生、卒業生の総勢39名。(2011.8.25現在)
 教員、学生の枠を超えて日々ゆるやかに活動しております。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

カテゴリ

資源としての「宮沢賢治」 (2)
研究会 (20)
読書会 (63)
宮沢賢治関連情報 (1)
告知 (15)
今月のtop画像 (7)

検索フォーム

ようこそおいでくださいました

貴方は

人目のお客人です。

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。