2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第2回講演会告知

2月18日(土)第2回文教賢治研究会 講演会お知らせ

*研究会内容

〈場所〉文教大学越谷校舎 8号館3階 8302教室
〈時間〉15時~18時


●15時~     挨拶 鈴木健司先生(文教大学文学部教授)

●15時10分~  講演 入沢康夫先生 (校本・新校本『宮沢賢治全集』編集者、元明治大学教授
                                                      詩人、フランス文学者)

●16時50分~  質疑応答

●18時30分~  懇親会

司会 大島丈志先生(文教大学教育学部准教授)



*講演題目

     宮澤賢治の草稿
         ──その特質と探究の種々相


*講演の概要

 草稿そのものから探る賢治作品の四次元的特質と、それを見出す過程において体験した事柄を、
次のようないくつかの具体例で解説します。

 (1) 童話「グスコーブドリの伝記」の成立
 (2) 詩集『春と修羅』印刷用原稿のページ番号の謎
 (3) 童話「銀河鉄道の夜」の、《五枚分の欠落箇所》

 〔(1)は作品の生成転化について、
  (2)は紙面の余白のノンブルが語る詩集生成の秘密、
  (3)は、紙面の汚点(しみ)さえもが、問題解明に 大きくかかわる実例です。〕





◎<宮沢賢治>に興味のある方はお気軽にご参加ください。
 多くの方のご参加をお待ちしております。
スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://bunkyokenji.blog.fc2.com/tb.php/27-4ac23ee7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

第二回講演会報告 «  | BLOG TOP |  » 第11回読書会報告

プロフィール

事務局

Author:事務局
  ●○文教賢治研究会とは○●
 「文教賢治研究会」は、文教大学越谷校舎に発足しました宮沢賢治の研究会です。会員は教育学部・人間科学学部・文学部の教員,非常勤教員をはじめ、大学院生、学部生、研究生、卒業生の総勢39名。(2011.8.25現在)
 教員、学生の枠を超えて日々ゆるやかに活動しております。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

カテゴリ

資源としての「宮沢賢治」 (2)
研究会 (20)
読書会 (63)
宮沢賢治関連情報 (1)
告知 (15)
今月のtop画像 (7)

検索フォーム

ようこそおいでくださいました

貴方は

人目のお客人です。

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。