2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第62回読書会報告

第62回読書会の報告です。

今回は『春と修羅 第一集』の
「春光呪詛」から「かはばた」までの詩のなかから
参加者が各自一つずつ選び、順に発表していきました。

選ばれた作品は
「陽ざしとかれくさ」
「雲の信号」
「春光呪詛」
「かはばた」
「習作」
の五つで、それぞれがその詩の解釈や感想を
自由に出し合って皆で共有しました。

最も多くの参加者に選ばれたのは「雲の信号」で、
はればれとした清涼感があり、春にかんする描写も特徴的なこの詩にも
変化(明滅)するもの/しないものの対立が見られたり
岩頸たちが「時間のないころのゆめをみてゐる」という文では
「時間のないころ」とは地質時代を示しているのでないか、など
さまざまな意見が出されました。

他にも「陽ざしとかれくさ」の「チーゼル」とはどんな草なのか写真で示し、
「春光呪詛」では宮沢賢治の恋愛について
ほれっぽいところがあるのではないか、
必死に恋愛を拒絶している様子がみられる「春光呪詛」に微笑ましさを感じるなど
参加者同士で盛り上がりました。
「かはばた」では童話「おきなぐさ」との共通項が指摘され
「習作」では詩の上部の歌の由来のほか
その新しさや出版する詩集に個人名やローカルな地名を登場させる
宮沢賢治の言語感覚についても言及されました。

今回は多くの詩をひとかじりずつ読んでいくことで
広く浅く『春と修羅』にふれ、参加者も詩集により親しめる回になったのではないかと思います。

今年の読書会はこれで最後となります。
皆様、よいお年をお迎えください。
年明け最初の読書会については、決まり次第追記いたします。

参加者の皆様、ありがとうございました。


20141212
スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://bunkyokenji.blog.fc2.com/tb.php/108-4b77d125
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2015年度の文教賢治研究会 «  | BLOG TOP |  » 第61回読書会報告

プロフィール

事務局

Author:事務局
  ●○文教賢治研究会とは○●
 「文教賢治研究会」は、文教大学越谷校舎に発足しました宮沢賢治の研究会です。会員は教育学部・人間科学学部・文学部の教員,非常勤教員をはじめ、大学院生、学部生、研究生、卒業生の総勢39名。(2011.8.25現在)
 教員、学生の枠を超えて日々ゆるやかに活動しております。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

カテゴリ

資源としての「宮沢賢治」 (2)
研究会 (20)
読書会 (63)
宮沢賢治関連情報 (1)
告知 (15)
今月のtop画像 (7)

検索フォーム

ようこそおいでくださいました

貴方は

人目のお客人です。

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。