2013-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第35回読書会報告

第35回読書会の報告を致します。

題材は童話「北守将軍と三人兄弟の医者」です。
吉田先生が担当してくださいました。

ラユーという首都に30年ぶりに帰ってきた北守将軍ソンバーユー。
たとえ、逃げ回ってばかりの戦争だったが、勝利を収め、凱旋を果たした。
しかし、馬から降りられず、ラユーの三人兄弟の医者に治してもらう。

ソン将軍が戦っていたところが寒い砂漠だったことから、
シベリア出兵が素材として使われたのではないかと推測し、
忘れられた30年前の砂漠からやってくる物語をイメージし、
死者が、10万人にの内、1万人くらいしか発生しなかったことから、
賢治の戦争観を窺い、
また、三人兄弟がそれぞれ、対象を人、動物、植物であっても、
差別しないところから、賢治の平等な価値観も見ることができました。


参加してくださったみなさま、ありがとうございます。


--------------------------------------------------------------------------------

第36回読書会告知

【日程】
5月10日(金)16:20~
(*5月3日はゴールデンウィークで休みます)

【場所】
416教室
(*また、変わりました。度々の変更、申し訳ありません。
今回こそ、問題ないと思いますので、よろしくお願いします)

【題材】
童話「北守将軍と三人兄弟の医者」
作品が長く、前回に続いて、さらに話し合う時間にしたいと思います。

多くの方の参加をお待ちしております、次回もよろしくお願いいたします。
良いゴールデンウィークを。
スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

事務局

Author:事務局
  ●○文教賢治研究会とは○●
 「文教賢治研究会」は、文教大学越谷校舎に発足しました宮沢賢治の研究会です。会員は教育学部・人間科学学部・文学部の教員,非常勤教員をはじめ、大学院生、学部生、研究生、卒業生の総勢39名。(2011.8.25現在)
 教員、学生の枠を超えて日々ゆるやかに活動しております。

カレンダー

03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最新記事

カテゴリ

資源としての「宮沢賢治」 (2)
研究会 (20)
読書会 (63)
宮沢賢治関連情報 (1)
告知 (15)
今月のtop画像 (7)

検索フォーム

ようこそおいでくださいました

貴方は

人目のお客人です。

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。